ITと教育の世界

幅広くIT、経営、雇用、教育、技術について情報発信します。

派遣では勤務できない職場

人材派遣を利用すれば色々な職場に勤務できるのですが、中には人材派遣として勤務できない職場も存在しているので覚えておきましょう。では、どのような職場で人材派遣が禁止されているのかというと、会計士や税理士、弁護士や司法書士、行政書士と言った法律や税金などに関連している仕事には就くことができません。
また、建築関係や警備関係の仕事、医療関連の仕事も人材派遣で勤務することは不可能なのですが、医療関連だけは紹介予定派遣という形であれば、勤務することが可能になっています。紹介予定派遣というのは、一定期間勤務することで、正社員として採用してもらうことができる派遣なのですが、期間は大体3ヵ月から6ヵ月ぐらいが一般的です。
これらの職業以外であれば、人材派遣を利用して就職することも可能なので、転職支援が充実しているような会社を使って自分が希望する職場で勤務してみましょう。また、今後法律改正が行われれば、上記で挙げた勤務先でも派遣勤務ができるようになる可能性はあります。
ファーストキャリアトレーディング株式会社


待機時間がかなり短い電子黒板

パソコンをよく使う人であればわかると思いますが、電子黒板のような電子機器というのは、現在かなり性能がよくなっている反面、電源を入れてから使用できるようになるまでの待機時間が長い場合がよくあります。授業ですぐに使いたいと考えている場合には、あまり効率的であるとは言えません。
しかし、最新のインタラクティブホワイトボードであれば、電源を入れてからの待機時間がかなり短くなっていて、最も短い場合には5秒前後で使用できる種類のインタラクティブホワイトボードも販売されています。これならインタラクティブホワイトボードを使いたい時に電源を入れ、すぐに使用が可能になるので、無駄な時間を短縮することができます。
更に少し時間を置いてからすぐ使用する時などは、スタンバイと呼ばれている機能を使用する人も多いでしょうが、以前の電子黒板では、スタンバイの状態から復活する時にも少々時間が掛かりました。しかし、現在のインタラクティブホワイトボードであれば、スタンバイから復活する時もすぐ書き込みが可能になります。
電子黒板.jp|エファタ株式会社